完全防水リュックのおすすめは?バイクや自転車の通勤・通学に人気の5選

ショッピング

急な雨に降られて、リュックの中まで濡れてしまった! そんな経験ありませんか?

今回は、おしゃれで人気の完全防水リュックをピックアップしてご紹介します。

スポンサーリンク

防水 ドライバッグ

通勤・通学に自転車を使っている息子たち。 

帰宅時に雨が降っているときは、ずぶ濡れになって帰ってきます。

そんな時に困るのが、リュックもずぶ濡れで「乾かしておいて」と言われることなんです。

防水性の高いリュックを使っているし、カッパも着てるのにリュックがずぶ濡れになるのはなぜ?と

不思議だったんですが

リュックを背負ってその上からレインウエアを着るのは、窮屈で無理!とのこと。

なるほど…です。

でも、毎回乾かすのは嫌なので、乾かすことのない完全防水のリュックを提案しようと思い

調べてみました。

防水と完全防水の違いは?

防水と完全防水はどう違うの?と思い調べてみました。

【防水】水を通さない生地を使用、または加工がされている。

【完全防水】防水の生地を使用していて、縫い目やジッパーも防水設計になっている。

上記のような違いがあるようです。

だから…雨天時に自転車に乗っていると、防水リュックでも縫い目やジッパーから内部まで浸水してしまって

リュックの内部まで濡れてしまうことになるんですね。

最近の完全防水リュックは、軽くて丈夫なターポリン素材を

溶着加工したシームレス仕様や止水ファスナー使用で

より防水性に優れた設計になっています。

これなら、雨天の自転車やバイク。アウトドアにも活躍してくれますね。

防水リュック リュックサック バックパック 大容量 25L

ロールアップ式のメリット、デメリット

開閉部を、くるくると巻いて収納するタイプのロールアップ式ですが

メリットは、ファスナーからの浸水が防げるのでより防水性に優れている。

デメリットは、荷物の出し入れがしにくい。

自転車に乗っていて、そう頻繁に荷物の出し入れはしないと思うので

防水性に優れているロールアップ式を選びたいですよね。

サンワサプライ/PCバックパック

完全防水リュックのサイズはどれがいい?

完全防水リュックのサイズは色々あって、大きいものは40Lも入る物があります。

20L前後は通勤・通学にちょうど良いサイズ。

30L以上は荷物が多い人、アウトドア用に使う人におすすめのサイズ。

通勤・通学に使う場合は20~25Lぐらいが使いやすそうですね。

【Stream Trail】ストリームトレイル/ドライタンク25L

【pirarucu】ピラルク/ターポリン・25L

さいごに

雨の日でも、自転車にのるよ!という方は是非試してみてくださいね。

↓ 雨の日は自転車には、乗らないよ!という方はこちらがおすすめ! ↓

防水バックパックのおすすめは?おしゃれで人気のレインズ【RAINS】
傘を差していても、カバンやリュックが濡れてしまったりしますよね。 自転車に乗っていて急な雨が降ってきて、中身まで濡れてしまうのは困ります。 今回は、レインコートと同じ素材で作られている レインズ【RAINS】のバッ...
通学用リュックは防水効果と大容量で丈夫がいい!人気通販のおすすめ5選!
最近は、おしゃれでデザイン性が高いのはもちろん、大容量で防水効果もあるような機能面でも優れたリュックが人気を集めていますよね。 中学生・高校生になると、A4サイズのファイルや教科書にノートの勉強道具。 それに給食がない学校は、お...
テキストのコピーはできません。